株式会社ナースパートナー 認知障グループホームにおける医療連携を進めるための業務を請け負います。

  



「医療連携体制加算」の背景と意味


グループホームでは、近年、入居者の重度化が顕著で、さらに人生の終末期を過ごし、グループホームで死を迎える方が増えています。
しかし、これまでは看護師の配置が義務付けられておらず、また介護保険法で訪問介護サービスを受けることも認められていませんでした。
なじみの関係の中で安心して暮らしていける認知症の方が、希望すれば、重度化しても終末期であっても、最後までグループホームでの生活が継続できるようにするために、この「医療体制加算」が新設されました。

「医療連携体制加算」とは?算定するには?


認知症グループホームが、以下のような算定条件を満たして保険者(区市町村)に届けを出した場合に算定できるものです。



弊社を使うメリット


技術だけでなく、心のケアも出来るスタッフを用意しています。

  • 実地研修を用いるので、認知症への理解度の高い看護師を配置
  • 24時間オンコール体制で、入居者の異常についてホームのスタッフの方々に即アドバイス
  • 請求は提供月の末請求、翌々月の末払いになります。
  • 国からの介護報酬料の残りは入居者の方々へのより良いサービスに使って頂ければ幸いです。



  •    
         

    株式会社ナースパートナー
    新潟県新潟市中央区米山4-2-16 B号 TEL 025-240-7008 FAX 025-240-7105
    E-mail info@nurse-partner.com

    安心の生活のために / サービス概要 / 会社案内 / 求人募集 / お問合せ / インフォメーション / プライバシーポリシー
    Copyright(c) 2011 nurse-partner All Rights Reserved.